• ホーム
  • 健康にいい青魚もアレルゲンに?口腔アレルギーとは

健康にいい青魚もアレルゲンに?口腔アレルギーとは

口腔アレルギーは、果物や野菜を食べたあとに起こりやすいです。
口の中がイガイガしたり、腫れるといった症状があらわれます。

魚を摂取した時にも起こることがあります。
花粉症のある大人に多く、特定の花粉と関係している果物や野菜に反応することで起こります。
青魚には血液をサラサラにしてくれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)といった脂が含まれています。
健康面においても、積極的に摂りたい食品のひとつとされています。
青魚の脂を摂取することで花粉症の症状が和らげられるという研究もあります。

しかし、中には青魚がアレルゲンになってしまうケースもあります。
青魚が主原因というよりも、魚に対する抗体はほとんど同じなので、青魚アレルギーの人はほぼすべての魚に対してアレルギー症状があらわれます。
アレルゲンは魚の筋肉に含まれているパルブラミンとコラーゲンなどのたんぱく質です。

多い症状として、じんま疹や口腔アレルギーがあります。
そのほか、喉頭浮腫や喘息といった重い症状があらわれることもあります。
ただし、サバなどの青魚を食べた時に出るじんま疹、下痢、腹痛といった症状の原因は別にあります。
それは、魚の肉に蓄積したヒスタミンなどの生理活性アミンという身体になんらかの反応を引き起こすアミンを摂取したことが原因です。
鮮度が落ちたものなどが原因なので、アレルギー反応ではありません。

また、魚に寄生しているアニキサスもアレルギーも魚のアレルギー反応と似た症状があらわれます。
これを判別するには、血液検査でIgE特異抗体の検査をすることで調べることができます。
アニキサスは焼いたり煮たりしてもアレルギー活性をなくすことはできません。

関連記事