アレルギー検査の種類

鼻をかんでいる女性

アレルギーは身の回りの物質に対し反応しておきる症状で、つらい症状や命の危険までおこる場合があります。
未然にアレルギー検査をして知ることにより、それらの危険から回避することができます。
アレルギー検査で一般的に行われるのが血液検査で、特異的IgE抗体検査法とよばれるものです。

採血した血液とアレルゲンの試薬との反応で6段階に分けて分類しクラスが高いほどアレルゲンの可能性があります。
その他特異的lgE抗体検査とは違う項目でアレルゲンを選別する方法もあります。
白血球の中の好酸球数の多さ、lgE値は免疫物質のアトピー値、HRTはヒスタミンの量で精度が高く蕁麻疹の検査には有効です。

次にアレルゲンの疑いのある物質を皮膚に塗り、時間をおいてようすを見る皮膚検査です。
皮膚検査にはスクラッチテスト、皮内テスト、パッチテストがあります。
スクラッチテストはアレルゲンの疑いのある物質を皮膚に塗り、針などで傷をつけ15分後に赤く腫れるかを判定します。
皮内テストはアレルゲンらしき物質を皮内に入れて、同じく15分後のようすを判定します。
パッチテストはアレルゲンらしき物質を皮膚に貼り付け、その後48時間、72時間の変化を見て判定します。

食物関係では、食物除去と負荷試験があります。
食物除去は疑わしい食べ物を2週間ほどとらずに症状が治まるかをチェックし、除去試験で疑わしい食物を食べたり成分を注射して症状を観察するのが負荷試験です。
負荷試験は反応か強くでる時のため入院で検査をする場合もあります。
呼吸機能検査は気管支と肺の状態、機能及び肺活量、アレルゲンに対する気道の反応を観察します。
この検査は大人だけで子供には行いません。

花粉症の場合は目と鼻の検査もします。
結膜を軽くこすりアレルギー源の好酸球の有無をみます。
鼻はアレルギー物質を入れて粘膜の変化をみます。
中でも花粉症は非常に多くの方が持つアレルギー症状の1つですから、薬を使って症状を抑えるという方もいるでしょう。

代表的な薬といえばCMも放送されているアレグラでしょう。
アレグラは非常に多くの方が使う人気の治療薬です。
病院処方や薬局などでも入手できますが、通販で購入することも出来ます。

関連記事