• ホーム
  • アレルギーの症状と微熱とステロイドの使用

アレルギーの症状と微熱とステロイドの使用

アレルギーにも、様々な症状があります。
生まれつきから幼少期、大人までアレルギー体質の発症や体質は様々でとても多いのです。
最近の子供の場合には、卵アレルギーや小麦粉アレルギーなどの、食生活でかなりの制限がされてしまう辛いものも多い傾向にあります。
また、昔から多いものでは、蕎麦アレルギーというものがあります。
このアレルギーの場合には、蕎麦などを食べると微熱などが出てしまう他に、とても酷い痒みが体全身に出てしまうという症状があります。
また、ぶつぶつとした湿疹が、体の至る所にできますが、特に背中などに出てしまうというものになります。

このような症状は、ストレスでも引き起こされると言われています。
ストレスで引き起こされる帯状疱疹とは異なる症状がアレルギー症状なのです。
アレルギー体質の方は、微熱と共に、ストレスがたまると、酷いかゆみなどと同時に背中などにとても広い範囲で湿疹や蕁麻疹に近い形のできものができてしまうことがあります。
これらの対策としては、湿疹の薬を服用したり、皮膚科でステロイドを処方してもらうことが、効果的であるとされています。
その痒みの強さや、症状の重さによっても、ステロイドの種類は異なってきます。

明らかに見た目が酷い場合、こちらが見ていても辛くなってくるような症状があらわれる場合があります。
そんなときには、医師の先生の判断で、かなり強力なステロイドが処方されます。
このようなステロイドは、お風呂などに入った後の清潔な体にした後用いられます。

湿疹などが出来ている箇所に、まんべんなく塗ることで、次第におさまっていくとされています。
また、花粉のアレルギーの場合にも、こちらのステロイドが使用されることがあります。
こちらの場合には、それほど強くないものから様子を見て、それでも花粉が酷い場合には、次第に強くしていく、という方法があります。
顔に塗るため、手はかなり清潔にしてから、顔もしっかりと洗った後で、ステロイドを塗る必要があります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧